太陽光発電について

太陽光発電について
こんにちは!営業の濱道です。
今回は太陽光発電についてのお話しです。
昨今、話題になっているエネルギー問題ですが、皆さまは「2019年問題」をご存知ですか?

「2019年問題」とは
2009年から始まった太陽光発電システムの売電契約が今年の11月以降随時終了し、今まで売電で得ていた収入が極端に減ってしまう現象の事。


これを読んで頂いている方の中にも、太陽光発電システムを設置していて「契約期間が終わったらどうしよう…」と、感じている方も多いのでは?

売電の選択肢として思いつくのは、蓄電池の設置高く買ってくれる電力会社に変更することなどで、蓄電池はまだ高価なものが多く、これからに期待したいところ。

売電先の変更は地域によって異なりますが、ガスや燃料を扱っている会社や生協なども対応しているようです。
買取価格は条件によりそれぞれ違うので、今からインターネットなどで調べておくと良いでしょう。

かくいう私も太陽光発電システムを利用させて頂いている一人で、色々と悩んでいる真っ只中です!
今、自分が考えている一つの案は太陽光発電システムに対応したエコキュートへの交換。

現在、深夜電力を利用した電気温水器を使用しているのですが、これをエコキュートへ交換し、今まで売電していた日中の電気を利用してお湯を沸かすという方法です。

エコキュートはヒートポンプという仕組みを利用してお湯を沸かします。 特徴は電気代が安い事!それを太陽光発電を利用してさらに電気代を安くしようと企んでおります。

オール電化で電気代が高いと感じている方などはご検討してみてはいかがでしょうか?
各ボイラーメーカーも太陽光発電システムに対応した商品を発売しており、インターネットと連携させて天気を予測し、効率よくお湯を沸かすシステムが増えてきております。

目先のお金だけではなく、子供たちの将来も考え環境問題対策として検討してみるのもいいかもしれません。
機会がれば、また売電対策のお話しを書きたいと思いますので乞うご期待!!

最後までご覧頂き、ありがとうございました!。(^_^)/